切れ長の眼差しで肉棒をしゃぶり尽くす…こんな至福のひと時があっていいものだろうか…